ギガアクセスvpnルーターの特徴

ギガアクセスvpnルーターは低消費電力を実現させ様々な拡張機能が使用可能

ヤマハのギガアクセスvpnルーター

ヤマハのギガアクセスvpnルーターは、2008年10月に販売された中小規模拠点向けのルーター標準機です。ギガビットイーサネットが全LANポートに搭載されています。パワーオフログ保存機能もついているのです。動作が不安的なときに電源を切ってからまた再始動させるのですが、電源を切る前の状況での原因の追及を行うことができませんでした。今回のギガアクセスvpnルーターは、電源を切る前の状態を自動で保存してくれているため、再始動したときに動作が遅くなったときと同じ状況を作ってくれるので原因を追及することができるのです。ほかにもISDNポートを搭載しているのでブロードバンドや3G以外のISDNにも引き続き対応しています。一台で対応できる能力があるため、全国で同一機種の展開を行うことが可能になっています。

ギガアクセスvpnルーターの低消費電力

ギガアクセスvpnルーターは、多数の回線に対しての対応ができることや性能の向上に加えてLuaスクリプトや外部メモリーにも対応することができます。機械なので操作している場所の温度によって動作が遅くなったりするのですが、ギガアクセスvpnルーターは、摂氏50度に引き上げられて温度がどうしても高くなってしまうサーバールームや土日で会社が休みのときに空調が止まってしまっても快適に利用できるようになりました。ほかにも消費電力が5.2wとこれまで発売されていたものと違って省エネ化になったのです。ルーターを通じてGUIでネットワークの管理を行うことができるようになったのでネットワーク構成やポートの状態把握や設定を変更することができ、席に座って遠隔地の営業所や支社のネットワーク管理を行えるようになりました。

ギガアクセスvpnルーターの口コミ

ヤマハのギガアクセスvpnルーターを実際に使用した人の口コミは、3年間使っている人は、他のメーカーのルーターに比べて1度もフリーズしたことがないと好評です。速度低下もなく快適に使用することができて速度も十分に使うことができると定評があります。ほかにも、ヤマハ以外のブランドと比べてコストパフォーマンスがよく素人でも設定が簡単に行うことができます。業務用で販売しているルーターなので家庭で使用する人には十分なスペックでログオフのときの自動保存が万が一オールリセットしてしまったとしてもすぐに復旧することができる特徴は利用している人にかなり好評です。使っていて疑問やわからないことがあったときには、ヤマハのサポートセンターで丁寧な対応をしてくれるので使いかたや使っていて困ったことがあってもアドバイスなどを素早く受けることができます。